月の見たモノ

syu1212h.exblog.jp

家計簿

結婚して25年。家計簿を毎日つけていたのは、新婚の1年間・・・いや、半年くらい・・・だと思う。
大体こんな感じでやりくりしてるんだなぁ~と、ぼんやりわかったので書くのが面倒になって止めた。

私は主人から毎月決まった額を振り込んでもらっていて、それでやりくりすることになっている。
だから貯金とか、保険とか、税金とか・・・そういうことには全くタッチしていない。

単純に「生活費」をやりくりするだけ。

大きな買い物や、電化製品などはその時々主人が貯金の中で買ってくれるので、その時々主人にお願いする。

そんなぼんやりしたやりくりなので、本当のところ必要経費というのがいくらなのかわかってない。
「毎月食費っていくらかかる?」「ガス代ってどれくらい?」

独立した子供たちから質問されても、ひとつも答えられない。

今後は少しでも子供たちの参考になるようにと思い直し、今年は家計簿をつけることにした。

お金の問題はシビアだ。私みたいなどんぶり勘定ではいけない。

例えば子供たちの20年後が今の私。そう思った時に子供たちにはしっかりと家計をやりくりして欲しいなと思う。46歳になったまーちゃんが「いくら使ってるのかわかんない・・・」と言ってたら・・・。

今の私に足りないものは、いずれ子供たちも足りないということになるだろう。

私ができないことを、子供たちに望むことなんてできないのだ。

そう思ったら、きちんとしようと思えた。

真新しいノートの表紙に大きく書く。
「2013年 家計簿」
大きく書いたらちょっと曲がった。いつか、子供たちの参考になるようにと思ったのに、最初から曲がってるところが可笑しい。

頑張って続けようっと。
[PR]
by syu1212h | 2013-01-18 08:33 | 日々の事