月の見たモノ

syu1212h.exblog.jp

クリスマスの準備

d0108370_90691.jpg


12月に入って大量の注文が入って、H&Jは追い込みに入っている。
60個の鳥かごを作ってくれたスタッフに感謝しつつ今度はそれをきちんとした形に仕上げる仕事が待っている。私もjunも駆け足で仕事をこなしていた。

バタバタしている中で主人がちょっと心配そうに言う。
「そろそろクリスマスツリー?」

主人はクリスマスの準備を楽しみにしているようだった。

「うん。もう12月だもんね」主人の気持ちを汲んで、さり気なくそう答えた。

主人を仕事に送り出した後、junが来るまでの時間に急いでクリスマスツリーを出して飾る。
バタバタした中でも、こうして始めてしまえば毎年同じ気持ちになるもの。

子供たちが小さい頃は一緒に飾ったなぁ・・・。
私をサンタクロースにしてくれた子供たちには感謝だよなぁ・・・。

フフフ・・・
いつの間にかニヤニヤしている自分を笑いつつ飾り付けが終わる。

毎年サンタクロースになれることを幸せだなぁ・・・と思う。
誰かが喜ぶ顔を想像しながら作るプレゼントは、あげる方も嬉しいものだ。

ふと思いつく。
「そうだ。H&Jのお客様にも何かクリスマスプレゼントを!」

在庫の中からクリスマス商品を選んでセットにする。
写真を撮影している所にjunが到着した。

「今ね、ちょっと考えてたんだけどさ・・・」

クリスマス用に作ったものをセットにして販売する事を提案した。

「あんた、良い事思いついたね。それはいいよ。喜んでもらえるんじゃない?」
そこからはサンタ仕事だ。

天使のガーランド3本セット
小さな植木鉢
ホワイトクリスマスの壁飾り

これをセットにすることにした。
部屋の隅にちょっと飾るだけで急にクリスマス気分になる。

これ全部、なにからなにまで手作りなんだよ。そう思うとワクワクする。
小さな植木鉢は鉢も自分で掘っていて、雪だるまも手作業。
天使のガーランドは型で抜いた紙を縫いつけて、更に絡まないように糸を1本残して切り、ほつれないようにボンドで留めている。
ホワイトクリスマスの壁飾りはクルクルとワイヤーアートで土台を作り、木の実を付けてからホワイトのペイントスプレーで色付けしている。

お客様が欲しいと思わなくてもいい。見て喜んでくれるだけでもいい。
「ウフ」そんな笑顔が贈れたらそれが私たちのクリスマスプレゼントだ。

minneでの販売は少数だけど、手作りのヒントになってくれたらいいなと思う。

12月が始まった。
サンタ仕事も始まる。
[PR]
by syu1212h | 2013-12-03 09:26 | 日々の事